About Yuutaku

十勝豚丼とは

十勝開拓の祖、依田勉三は「開墾のはじめは豚と一つ鍋」と自身の句の中で詠んでいます。この句からも分かるように十勝と豚 の付き合いは長く、生活に欠くことのできない存在でした。豚丼とは、洋食屋を経営していた阿部秀司さんが「十勝ならではのメ ニューを作ろう」との思いから昭和8年に開発した甘辛いタレで味付けた豚肉を、ご飯の上に乗せた北海道十勝地方、帯広発祥の料理です。
十勝は寒い所、体が温まり、誰もが食べられる十勝特有の物として、その当時十勝で畜産が盛んであった豚を使うことに。また 「庶民でも食べられる味」を追求した結果、「日本人は鰻(うなぎ)が好き」であると思いつき「鰻丼」に近い、しょうゆをベースに した味付けを考え、今の豚丼のベースが出来上がりました。その豚丼の評判が広がり、十勝の飲食店がそれぞれ個性的な豚丼を作りご 当地グルメとして定着していきました。そのユニークな名前と、手軽さ、珍しさがうけ、全国から注目を集めています。

十勝豚丼「ゆうたく」について

十勝産豚肉の美味しさを追求した豚丼!
地元精肉店直営。雄大な十勝平野、北海道有数の豚肉産地十勝で育った豚を厳選。
自社工場で解体処理して低温熟成させ、うま味と軟らかさをひき出した肉を使用しています。
網焼きの豚丼は厚切りなのに、箸でさけるほどの軟らかさと深いうま味が特長です。
甘さを抑えたたれはご飯と調和し、仕上げに引き立てのブラックペッパーがアクセントを添えています。